「ルール」の中で伸び伸びと

ルール

 

「自由に伸び伸びやりたい・やらせたい」

子どもたちや保護者の方からよく聞く言葉です。

長所を伸ばし個性を大切にする点で、確かに大切なことだと思います。

しかし、どんな場面にもルール(規則や約束)があります。

 

・野球やサッカーなどスポーツのルール  ・将棋やオセロなどゲームのルール

・家庭(親子)のルール         ・学校や習い事でのルール

 

いろいろな場面で規則、規律、約束がありますね。

時には不自由さを感じ、時には負担に感じるルールですが、これがあるからこそ創意工夫をする余地があり面白み(達成感)を感じるのではないでしょうか?

 

「ルールの中でのびのびと」

 

新年を迎え、子どもたち今年一年の目標や夢をあげたと思いますが

是非、自分で「約束・ルール」をひとつ決めて、取り組んで欲しいと思います。

 

単なる制約と捉えると窮屈(きゅうくつ)ですが、ルールの中に工夫する喜びがきっとあるはずです。今年もどうぞよろしく願いいたします。

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 「ありがとう」

  2. ありがとうの大切さ

  3. 「非認知能力」が大切

TOP
TOP