お子さまと向き合って

最近、お子さんと

じっくり会話をしてますか?

一緒にごはん食べてますか?

お手伝いを頼んでますか?

おはよう、行ってらっしゃい、お帰り、おやすみなど

あいさつをしてますか?

きちんとほめてますか?

 

これは子どもの自己肯定感を高める大切な作業ですが、

こんな当たり前の日常が、少しないがしろになってきているように感じます。

児童期(5~12歳)は我慢強さや忍耐、ストレス耐性を身につけなくてはいけない大切な

時期です。

だからこそ、劣等感に押しつぶされないよう、自信を失わないように、私たち身近な大人が

しっかり子どもに向き合って「ほめて」「認めて」「愛して」育てたいものです。

もうすぐ夏休み、あらためてお子さまと向き合ってみてはいかがでしょうか。

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 自分の姿が周囲に映る

  2. ありがとうの大切さ

  3. 「ルール」の中で伸び伸びと

TOP
TOP