大切な「経験」

このところ検定試験にトライする生徒が増えてきました。合格して喜ぶ子どもたちを見るとうれしいものです。

反対に落ちてがっかりする生徒がいると先生も責任を感じて・・・悲喜こもごも。

何でもそうですが、結果(試合に勝つ、試験に受かる、目標を達成する)が出なかったときは、

誰でも当然落ち込みますよね。しかし、世の中に出てみてわかりますが

「必ずしも努力が報われるとは限らない」そんなことは多いような気がします。

 

ある人が言っていました。

 

努力して結果が出ると       「自信になる」

努力しないで結果が出ると     「おごりになる」

努力しないで結果が出ないと    「後悔がのこる」

努力して結果が出なかったとしても 「経験がのこる」

 

最近、学校や会社でちょっとした挫折で嫌になったり、やめてしまったりすることが

よくあると聞きます。もったいないですね。

 

結果が悪かった、思い通りにならなかったとしてもそれで終わりではありません。

次に結果を出すための「大切な経験」一皮むける(成長する)貴重な体験なのです。

 

子どもたちに、そんなことも伝えていきたいと思います。

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. ありがとうの大切さ

  2. 自分の姿が周囲に映る

  3. お子さまと向き合って

TOP
TOP