スマホ依存に気を付けて

ギャンブル依存症、アルコール依存症、薬物依存症などよく耳にすると思います。

ダメだとわかっていても、どうしてもやめられない。

最近ではゲーム依存症、スマホ依存症の子どもたちが増えているそうです。

その結果、ゲーム障害を発症するケースも多く深刻な問題となっています。

各種依存症の専門治療をしている久里浜医療センターでは、このところゲーム依存症の患者の

激増で外来予約がなかなか取れない状況だそうです。

 

ゲーム障害とは睡眠障害、視力低下をはじめ血流障害、栄養障害、筋肉減少などの身体的影響

だけでなく、精神面や脳への影響では、理性をつかさどる前頭前野の働きが低下することで、

攻撃性が高まったり、対人関係(人間関係)を悪化させてしまう可能性も懸念されています。

不登校や引きこもりの一因にもなっているかもしれません。

 

取り返しがつかなくなる前に、スマホやネットゲームの使用については家族みんなでルール

を決めて自制できるように、今一度、真剣に考えることが大切ではないでしょうか。

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 塾長通信№9 ~2017.1くらぶ通信より~

  2. 過干渉に気を付けて

  3. 素直な子は伸びる

TOP
TOP