気づいたことはすぐやろう

気づいたことはすぐやろう。

新学期も始まりました。

子どもたちも新しい環境で、少し緊張感のある新鮮な時期だと思います。

新しい学校、クラス、先生、友だち、習い事、、、

親からすると「うまく、上手に慣れていって」と願いますよね。

 

そこでお子さんに、ひとつ話してあげてください。

「気づいたことはすぐやってごらん」と

 

日頃から

せっかく気が付いたのに「まっいいか」「あとでやろう」「めんどくさいな」

とほったらかしにしていると、良いタイミングを逃すようになってしまいます。

これは「くせ」ですから、気が付くアンテナ(感度)が悪くなって、大切なことに気が付けなくなってしまします。

「ふと気づく」「ふと思い出す」「なんとなく感じる」のは自分の力ではないですよね。

せっかく気づかせてもらったのなら、すぐにやるようにすることで、きっと

いろんなことが好転するはずです。

 

「宿題をやらなきゃ」と思ったらすぐやりましょう。

「お風呂そうじの日だった」と思ったらすぐやりましょう。

「学校や家でごみが落ちてる」と気が付いたらすぐ拾って捨ててください。

「目が覚めたら」すぐ起きるようにしましょう。

「今のうち学校の準備しとこ」と思ったらすぐしましょう。

 

「気づきのアンテナ」を磨いていると

大切な場面できっと素晴らしい「気づき」のご褒美がもらえると思いますよ。

そして、相手の気持ちにも気づける(わかる)人になって欲しいです。

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 国際検定試験

  2. 素直な子は伸びる

  3. スマホ依存に気を付けて

TOP
TOP